Freedom Laboratory

もっと自由で、いいんじゃないの?

ビンテージなヘルメット 「YAMAHA」

こんにちは♪

みなさんは、どんなヘルメットが好みでしょうか?

Mは、フルフェイスが好きですね♪

f:id:freedomlaboratory:20170728143746j:plain

1970年代製 YAMAHA フルフェイス

しかも、70年代の古いモデル。

これはオブジェで、使っているものではありませんが…。

現行のヘルメットより、ひと回りもふた回りも小ぶりです。

頭でっかちになりません!

f:id:freedomlaboratory:20170728145458j:plain

色の影響もあるのでしょうか?シュッとした小顔です。

これはシールド付きなので、虫の体当たりも余裕ですね!

f:id:freedomlaboratory:20170728150540j:plain

う~ん…。写真に撮るとデカく見えるな…。

後姿はこんな感じ。古めかしい虹のライン!

f:id:freedomlaboratory:20170728150804j:plain

分かりづらいかもしれません…。以前紹介したBEELSTAR2との比較。

小ぶりでかっこいいです。見た目が全然違います!

安全基準云々は詳しく知りませんが…。

今はリペア済みの物を簡単に購入できるようになりました。

現行物で違和感がある方、試してみてはいかがですか?

 

また次回です(^^♪

CBX400F サービスマニュアルの注意点

こんにちは(^^♪

夏はやっぱりウィルキンソンの炭酸水ですね!

ん…?これは少数意見ですか??

Mは好きなんですけどね…。。。

昭和を感じる整備書類

f:id:freedomlaboratory:20170727112953j:plain

今だに大切にしているサービスマニュアルなど古書の類。

この、昭和レトロな感じが大好きですね。

f:id:freedomlaboratory:20170727113435j:plain

昭和56年11月発行!

f:id:freedomlaboratory:20170727113910j:plain

諸元表!

f:id:freedomlaboratory:20170727113655j:plain

構造概要!

f:id:freedomlaboratory:20170727114217j:plain

とにかく隅々までCBX一色で、好きな人にはたまらないなんです。

当時、満を持して登場したCBX!その意気込み…!ホンダさんの歴史を感じますね。

ここに注意!

…でもね、ちょっと気を付けてほしい部分…。見てください。。。

f:id:freedomlaboratory:20170727115334j:plain

エンジンオイル、オイルフィルタの点検、交換について説明されたところ。

写真の一番右に、ワッシャーがありますね?

次に、オイルフィルタがありますよね?

その次に、スプリングがあるの、確認できますね?

…!

この順番が「ちがうってばよっ(byナルト疾風伝!」ってな話しなんです!

 

一番右のワッシャーは、スプリングオイルフィルタの間に入れるものなんです!

f:id:freedomlaboratory:20170727122829j:plain

写真はXJのオイルフィルタですが…。

CBXも、このようにオイルフィルタにはゴムが付いています。このゴムスプリングが食い込んだり、ゴムがずれたりしないようにワッシャーが入っているのです!

この重要な部分、サービスマニュアル通りにセットしてしまうのは仕方がない…。でもほんとは間違いなんです。ここはMを信用してほしいですね…!

この間違いで、具体的にどんな症状がでるのかは、経験上知りません。でも、エンジンに何らかの悪影響を及ぼすことは確かだと思います。

 

みなさん気を付けましょうね(^^♪

CBX400F まさかの所有者変更

今日はCBX周辺の回想録いきます。

当時Mは、CBX,XJ,VTZの三台を所有していました。

その三台と戯れる毎日…♪

そんな中、とうとうドキンちゃん免許を取得したのです!

相性が悪いCB223S

すでに免許取得前から、コンテナで待機、出番待ちのCB223S(新車)と、シャドウ50。

教習所で、CB400SFなどに乗り慣れたドキンちゃん

小柄なCB223Sに、ちょっと不満げな様子…。

もちろん、原付のシャドウになんて、目もくれません(眼中にない)。

f:id:freedomlaboratory:20170726110539j:plain

ちょうど500Kmほど乗った頃でした…。

小柄なドキンちゃんにはピッタリなCB223S。思いのほか上手に乗りこなしていて(立ちごけを二回ほど目撃しましたが)、何の問題もないと思っていたM。。。

しかしドキンちゃん、どうしても満足できないようで…!

二台まとめて大人買い

f:id:freedomlaboratory:20170726113410j:plain

「私、あの二台に乗りたい!」

…!

まあ、見栄っ張りなところも良く知っていますが、、、

なんとMのCBXとVTZをよこせと言い出したんです(いい度胸や)!!

言い分はこう。

1、CB223Sとシャドウは相性悪いから売ってしまう。

2、VTZはCBXの練習用にしたい。(もちろん二台まとめて現金一括!)

3、MはメインがXJ、CBXとVTZをサブとして管理する。

…!!

この、なんとまあ男前な思考回路…。Mは二つ返事で了承しました。

CBX,VTZ>XJ…!

f:id:freedomlaboratory:20170726120337j:plain

        (そんなこんなで、初心者ライダードキンちゃん所有になったCBX!)

ドキンちゃんがLaboで待機。➡MがXJと自由時間。

MがLaboで待機。➡ドキンちゃんがCBX,VTZと自由時間。

 

…そんな毎日を過ごしていく中で…Mはだんだん思いはじめました…。

 

「なんかこれ、フェアじゃないよねぇ」(永ちゃん語録)

Mが一台、ドキンちゃんが二台…。バランス悪くない?…と。

 

「三台もあったら十分でしょ!」

ドキンちゃんは、Mが何を考えているか、感づいています…。

 

「…もうこれで満足したら?!」

 

ホンダが来て…ヤマハが来て……。

「俺はいいけど、スズキがなんて言うかなぁ」(永ちゃん語録)

「こいつアホや…!」

 

Mの病状は、このとき末期でしたね…。

 

ホンダのCBX,ヤマハのXJ…そうくればスズキの……!

f:id:freedomlaboratory:20170726130029j:plain

GSX250E!!

Mは車検がない250ccを選びました。

MはXJGSXドキンちゃんCBXVTZ…!

このミドルクラス四台が主役となり、賑やかな日々が始まります。

 

また次回、お楽しみに(^^♪

 

 

CBX400F 取扱説明書

日中は暑い…。なのに不安定な天気。

天気予報にない突然の雨。

Mは洗車のタイミングを逃しまくって、車の汚れがMAX状態になってます…。

みなさんはどうでしょう?

取扱説明書

CBXはもういませんが、今だに大切にしてるもの…。

f:id:freedomlaboratory:20170725104225j:plain

好きなんですね、こうゆう古書の類。

f:id:freedomlaboratory:20170725104542j:plain

結構、細かいところまで説明されています。

ここに示されていない部分は、バイク屋さんにお任せぐらいのレベル。

f:id:freedomlaboratory:20170725105126j:plain

今のバイクには、どんな説明書がついてるんだろう?

f:id:freedomlaboratory:20170725111155j:plain

最後のページには、配線図まで付いています。

これを見て理解できる人は少ないのでは…とにかく丁寧ですね(^^♪

f:id:freedomlaboratory:20170725111853j:plain

当時の車検証のコピー、サービスマニュアル、パーツリスト…。

貴重な資料として、今でも大切に保管しています。

 

では(^^♪

 

 

 

 

 

シャリーのキャブチューニング♪

毎日暑いですね。。。

シャリイ君は小柄です。Laboで冷房の中作業ができます(^^♪

これはかなり有利ですね♪

事前の企み

 

f:id:freedomlaboratory:20170724134542j:plain

シャリイ君が来る前から、事前に企んでいたことがあります。

簡単なキャブのチューニングです!

シャリイの情報収集していく中で、とにかく遅いシャリイを簡単に激変させる方法を綴った、おもしろい記事を見つけていました♪

「シャリーと共に」というブログ。この方は、昨年の12月頃に事故にあったらしく、それ以降更新されていません。個人的には、早く元気に復活してほしいですね。。。

さあ、やってみよう!

 

詳しくは「シャリーと共に」をご覧ください。とにかくわかりやすく説明してくれています。なのでここではざっくりといかせてもらいます!

f:id:freedomlaboratory:20170724140800j:plain

使う部品は写真左の「スペーサー」と右の「トラスネジ」各三本のみ。

f:id:freedomlaboratory:20170724141535j:plain

キャブを開けて、ここに…

f:id:freedomlaboratory:20170724141700j:plain

こう組み込むだけで終了(ほんとにざっくりでごめん)。

f:id:freedomlaboratory:20170724141843j:plain

きっちりと蓋をして、注油と掃除!完璧な出来です。

この簡単なチューニングだけで、ノロノロシャリイが豹変するらしい…!その代り、リッター115Kmの燃費が約半分になるとのこと…!(それで充分なんだけど)

どんな走りをするのかはお楽しみです♪

f:id:freedomlaboratory:20170724143212j:plain

ここで、バイクの整備にMが必ず使うケミカル。

左の5-56はご存知でしょうけど、右の「シリコンスプレー」はどうでしょう?

劣化した樹脂パーツやゴムなどのツヤだし、サビ止め、各種ワイヤー類の潤滑など、とにかくどの部分にも使えます。これがあれば、大抵のバイクはピカピカになりますよ♪

 

では、また次回です(^^♪

 

 

 

XJ400E 整備段階

デカい車格!

MのもとにXJがやってきたのは、寒い冬の午前中でした。

CBXと一緒に過ごした、バイク三昧の日々も半年が経過しています。

f:id:freedomlaboratory:20170723142445j:plain

第一印象は、スタイル抜群!そして、とにかく「デカくて重い」!!

どう観察しても、具体的にどこがどうとはわかりませんが、とにかくデカい!

CBXが、かなりこぢんまりとして見えます。

f:id:freedomlaboratory:20170723143314j:plain

エンジン以外を全て分解洗浄、消耗品の全てを新品に交換します。

頑丈なパーツ構成

繊細な印象はなく、ひとつひとつのパーツがしっかりとしていて、安心感があります。

f:id:freedomlaboratory:20170723145400j:plain

この、ライト下にある二つのホーンは、XJの特徴ですね。

f:id:freedomlaboratory:20170723145713j:plain

丁寧に分解注油して、組立やすいように分かりやすく並べておきます。

f:id:freedomlaboratory:20170725173123j:plain

しっかりと頑丈なテール、サイドカバーなど。M好みのデカール配色、配置です。

 

この作業に約一週間。相変わらず一日中コンテナにいます。

冬の一番寒い時期でしたが、コンテナの中はもちろん火気厳禁です!ストーブなどはありません。好きだから、まだ若いからできること…。今のMにはきっと無理ですね。。

f:id:freedomlaboratory:20170723152052j:plain

整備段階は無事クリアです!

バイクに乗るには非常に厳しい季節ですが、放置しておくわけにはいきません!XJ,CBX,VTZの調子を維持していくのですからね♪(ただ乗りたいだけ)

 

ではまたね(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

XJ400E ヤマハからの刺客!

Mの回想録…!みなさん楽しんでいただけてますか?

では、今日の主役を紹介していきますね♪

REVOLUTION!

f:id:freedomlaboratory:20170722125419j:plain

ヤマハ XJ400E 型式4G0 昭和56年7月初度登録

f:id:freedomlaboratory:20170722130454j:plain

通称「ペケジェイ」!(往年のペケジェイカラー。後続モデルXJRにも使用されました。)

1980年代初頭、バイクブーム全盛期。各メーカー挙って新機種を発表し、ホンダとヤマハが繰り広げた「HY戦争」…!その先陣を切ったのが、このXJ400ですね。

XJ400をはじめ、各メーカーの看板車種が出揃い、一番最後に満を持してホンダが世に送り出したのが、CBX400F…!この伝説は、いつまでも語り継がれることでしょう。

f:id:freedomlaboratory:20170722133659j:plain

当時の、XJ400販売カタログ。まさに、「革命」ですね…!

激戦の再来

このXJ400。初代、二代目の「E」、三代目の「D」に分けられます。Mのもとに来たのは、初代のエンジンに燃費向上システムを組み込んだ二代目の「E」。

f:id:freedomlaboratory:20170722135142j:plain

エンジンに、燃費向上システム「YICS」が刻印されています。

 

このXJは、初めからハンドル、タンデムバーのみの変更で、M好みの状態で納車されました。CBXと違って、部品収集の必要はありません。

f:id:freedomlaboratory:20170722150420j:plain

このXJが登場したことによって、さらにバイク熱は加速していきます!

 

CBX,XJ,VTZの三台を管理するM!

ドキンちゃんの免許取得から動き始めるCB223S,シャドウの存在…!

 

いったい、この子達どうすんの…?!

 

では、またお会いしましょうね(^^♪