Freedom Laboratory

もっと自由で、いいんじゃないの?

シャリーのオイル交換

むむむ…。

f:id:freedomlaboratory:20170716140559j:plain

色違いの緑も気になる…。程度のいい子がいないかなぁ…!

 

こんにちは、Mです♪

さて、前回の続き…。

さあ、オイルを入れてみよう!

 

ホンダオリジナルオイル、G1を入れていきます。

f:id:freedomlaboratory:20170716122035j:plain

全容量 0.8L

オイル交換時 0.6L と、記入されていますね……。思いませんか?

「0.8-0.6=0.2L…なんだこの0.2Lって?」

この0.2Lはエンジンの中に廻ってるということ。エンジンを分解しない限りは、0.2L常にエンジン内に残るんですね。

今回このシャリイ君、しばらくの間排出状態のままにしていました…。ポタポタいつまでも落ちていました…。そこでまた思いませんか?

「0.6L以上入るんじゃね?」

 

まず、0.6L入れれば少なすぎるとは思えませんので、きっちり0.6L入れてみます。それから一度、レベルゲージを締めて、エンジンを2~3分かけます(これは、新しいオイルをエンジン内に廻すために必要です)。エンジンを切ってから2~3分後、レベルゲージを抜いて、きれいな布等でゲージを拭いて、今度はねじ込まずにレベルゲージをさして、確認しましょう♪

f:id:freedomlaboratory:20170716144912j:plain

見えますか?上限いっぱいのところでピシャリです♪

エンジンをかけずオイルを廻さないで測ったり、ねじ込んで測ると、正確に測れませんので注意してくださいね♪

それと、しばらく排出状態のままにしてもしなくても、そんな変わりはないみたいです。シャリイ君にはヤバいオイルが0.2L残った状態ですので、初回は100㎞ほどで交換しようと思っています。

エンジン音、排気音については、交換前とそんなに変化を感じません…?走ってみれば差は歴然なのかもしれませんが…。どっちにしろ、ホンダさんの傑作エンジンは凄すぎる!!!そういう事でしょう♪

f:id:freedomlaboratory:20170716165411j:plain

あと、ドレンボルトには17㎜のレンチを使いましょう。スパナは舐めやすいのでやめましょうね!

f:id:freedomlaboratory:20170716163821j:plain

 最後に…。

オイルジョッキは、オイルをよくきって(洗う必要はありません)、購入したときの袋に入れて、ほこりや直射日光のないように保管しましょう。

ずっと使ってますが、きれいでしょう?清潔が一番です♪

 

ではでは、またお会いしましょう(^^♪


にほんブログ村