Freedom Laboratory

もっと自由で、いいんじゃないの?

CBX400F 試運転開始!

こんにちは(^^♪

暑さが苦手なMは、Laboに籠城してます(^_^;)。。。

今日は、CBXの試運転を回想していきますね!

妥協点

f:id:freedomlaboratory:20170720125741j:plain

パーツの調達を待ちきれずに、試運転を開始したCBX!

本当は、ハンドル以外フルノーマルが理想のM。

走らせながら揃えていく、また何点かは妥協します。

 

以下、妥協点。このままいきます。

1、フロントブレーキマスターシリンダー

ほんとは、純正の四角い黒いやつがかっこいい…!まあ、いいや…。

2、フェンダーレス

なんで泥除けを外すんだろう…。まあ雨の日は乗らないからいいけど。リアフェンダーの泥除け取り付け部分そのものが切断されてるし…。スルーしましょう。

 

ハンドル、ステップを改良しただけで全くの別物です。それと、ギャンギャンいってたマフラーも、落ち着いた重低音になりました。これだけでもかなり理想の姿に近づきましたね。

テストコースを走る

納車から約一か月半、CBXをばらしている間、ドキンちゃんに運転してもらって、夜な夜なドライブに出かけていました。Laboとコンテナから近くて、信号の少ない、交通量も少ない走りやすいコースを探すためです。

f:id:freedomlaboratory:20170720134525j:plain

        (写真は、テストコースのひとつ。車も人通りもほとんどありません。)

虎視眈々と、戦略を練っていました。コンテナを借りる位置にしても、計画の一部です。その戦略は、とても良くできたものでした。

何種類かのコースは、試運転までに決定して、イメージもできていました。

露呈する問題点

f:id:freedomlaboratory:20170720140339j:plain

         (グリップがまだ純正品ではありません。M的にはいまいちです。)

超久しぶりのバイク。事前準備をきっちりと済ませて、初めて一周約30Kmほどのテストコースを何周か走り、コンテナに帰ってCBXを収めてみて思ったこと…。

「…小っちゃくて重っ!」

少年の頃に、デカくて乗りやすいかっこいいバイクだど思った記憶があります。

おじさんになると、こうも感覚が変わるのでしょうか?

遠い記憶では、ひらりひらりと軽やかに、カッコ良く走らせているイメージ……。

現実は、とにかく危険などんくさい下手くそ運転!!

これじゃあCBXに笑われるぞ…!!!

バイク自体はさすがCBX…言うことはありません。整備自体も良くできています…。

問題は、M自身の老化現象…(-_-;)!

これは、練習の日々がしばらく続くね……。

 

では、またお会いしましょう(^^♪


にほんブログ村