Freedom Laboratory

もっと自由で、いいんじゃないの?

シャリーをそろそろ仕上げます♪

ブログを始めるきっかけになったシャリイ君。

シャリイ君がやってきたのは今年、2017年6月1日。

シャリイ君との日常を綴るはずのブログは、ひょんなことから昔のバイクたちの回想録へと方向が変わってしまい、慣れないブログの投稿に集中してたら…。

f:id:freedomlaboratory:20170807165651j:plain

「あ、やべ…!もう8月やん!」

気付けば2か月が経過しています。

 

Mの予定では、6月初旬から梅雨時期の間に、のんびりと分解清掃。その様子を丁寧にブログで順を追って投稿して、梅雨明けに公道デビュー!…でした。

予定よりだいぶ遅れてるので、かなり雑に、ざっくりといきます…!

順序を決めて、分解組立。

Mは不器用で神経質です。まあ、違う方向から見れば完璧主義者なんですけど…!

よくブログで拝見しますが、一気に全部バラしてしまって、それをひとつづつグリスアップして組み立てていくような…!

そんな器用なことはハッキリ言ってムリです!

 

部分的に分解➡清掃注油➡組立…。

少しづつ完成させていかないと、混乱してワケが分からなくなるでしょう…。

まず分かりやすく、前輪方向からいきます。

f:id:freedomlaboratory:20170807170555j:plain

いつも感心しますが、バイクはセンタースタンドを立てると、絶妙なバランスで重心が前にかかります。前輪のアスクルシャフトを抜くときは、エンジンの頑丈な部分にジャッキをかけて、タイヤが地面に接地するか…しないか…ぐらいに調整すると、簡単に抜けます。力技で叩き抜く!ようなことはなるべく避けたいですね…。。。

フロントフェンダー…!気になりますよね裏側の汚れとか…。取り外して洗剤で洗浄、ワックスをかけてボルト類に注油して組み立てます。

f:id:freedomlaboratory:20170807172603j:plain

混乱しないように、分かりやすく部分ごとに完成させていきます。

f:id:freedomlaboratory:20170807173022j:plain

バッテリーケース内部。洗浄済みです。綺麗になりました。

経験上こういう古いバイクには、十中八九蜘蛛の巣があります!ハンディークリーナー片手に、蜘蛛の巣や細かいほこりを取りながら進めます。

f:id:freedomlaboratory:20170807173855j:plain

はい、フロント完璧! (ほんとにざっくり!)

そうとうはしょってますが、隅々まで分解清掃しています。いちいち写真をとるのはなかなか大変ですよね…。丁寧な説明は、またの機会にします。

f:id:freedomlaboratory:20170807174726j:plain

はい、ケミカルの紹介(3つまとめて)!

左から、ワコーズスーパータイヤコート。バイクタイヤの艶出しに必ず使います。

真ん中が、ホンダ純正バイクワックス。車用の研磨剤入りのものや、固形・半練りワックスなどは、基本使いません。これはシートの艶出しにも使います。

右にあるのは、ホンダ純正シートクリーナー。これは現行車、比較的新しい車種のシートには良いと思いますが、旧車の類には使わない方が無難かもしれません。洗浄力が強すぎて、シートのツヤまで落としてしまう勢いです。今回は使いません。

 

以上、フロント周辺は完成です。次回はリア周辺を、またざっくりといきます。

 

またね~(^^♪


にほんブログ村