Freedom Laboratory

もっと自由で、いいんじゃないの?

不義理な顧客の共通点【其の弐】。

 

はじめに。

 

全体の、約1割が不誠実なお客様、、ではありますが…

これは、あくまでも自分自身の器量、経験値、技術不足の問題でもあり、

一方的に、こちら側(優)あちら側(劣)のような解釈、認識ではありません。

 

お互いに人として対等であり、立場は違えど双方にそれぞれの責任がある上での契約です。

 

契約とは、そういうものです。

 

逆に言えば、たった10%しかない珍しい事例として、、

同じ人間同士が、関係していく中での問題点、疑問点、改善点の有無…

 

それを問う、実際に経験したお話として、記事にさせていただきます。

 

中には不快、乱暴、偏見的な表現が含まれる場合もあるかとは思いますが、、

以上述べた事を前提として、ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

では、前回の続き。

 

freedomlaboratory.hatenablog.com

 

3、子離れできない「母親」親離れできない「息子」。

 

ある意味、これは最強のコラボ。

必ず滞るし、必ず同じことを繰り返す。

 

その親子ダブルでの契約ではなく、対象はその「母親」なのか、その「息子」なのか。

その「母親」の場合より、その「息子」のパターンが圧倒的に多い。

 

 不思議と(?)親離れできない「娘」は、今のところ経験がない。

これは、よりものほうが、しっかりしているという事なのだろうか…違うか…?

 

 

まず、そういう「息子」が対象の場合。

 

息子の年齢層は、40代前後がほとんど、あとはそれより年上

その息子、必ず早い段階音信不通、勤務先は退社(とうの昔)、当然支払は滞る。

必然的に自宅を訪問すると、確実に親元。

そして、話し合いの席に立つのは、たいていが母親である…。

 

「お母さんね、お宅の息子さんが…」

契約書面を提示して、事情を説明すると…

『すいませんでした…全部でおいくら支払えば終わりにしていただけますか…?』 

f:id:freedomlaboratory:20170915163054j:plain

 本人の問題だから本人に言ってくれ、とは、言わない。

もう未成年の子供じゃあるまいし、本人に責任を取らせるべきだと言っても聞かない。

その場で支払うか、後日、母親が息子を連れて、支払に来る。

母親だけじゃない、身内の誰かだったり、身内の何人かで来たり…

そういう息子は決まって身内の誰かに連れられて、隠れるようにしてやって来る。

 

そして、問題は、、

 

そういう息子…凝りもせず、必ずまたノコノコとやって来る。

 

おい、、あんた、歳いくつ?

そういう息子(おっさん)、いつまで経っても自立できずに、身内に依存し続ける。

いい加減にしろや、見苦しい。

親も親で、いつまで息子に付き添ってんの?小学校の入学式じゃあねぇんだぞ。

 

「最終的に、回収して利益となれば、それでいい」…?

 

んなワケねぇだろぉが…!

1回は、あんたを信じて、助けたよね?

甘えてんなよ。

ずーっと、困り続けろよ。

周りに片付けてもらい続ければ?いつまで続くか知らんけど。

ウチはお断りだから、よそに行ってお願いしてよ、まあ、無理だろうけどね。

また、業者にも身内にも、迷惑かけなよ。

あんたの行き着くところ、もうすでに答えが出てんだよ、、さよなら。

f:id:freedomlaboratory:20170915173427j:plain

そういう「母親」が対象の場合。

 

息子が変な人たちに付きまとわれてぇ、覚醒剤やりよってなぁ…』

『うちの息子がなぁ、変なところから借金しててぇ…』

息子の罰金20万払わんと、刑務所入らんといけんのよぉ…』

息子が金出せっち包丁もって暴れてな、わりぃ腰けたくりまわされてなぁ…』

 

「…?…。…!」

 

『えぇっ…!?助けてくれんのかぁ…?じゃあ、息子に殺されても仕方ねぇわなぁ…。』

『あ、、そう…待ってくれんのぉ…?じゃあ、私に死ねっち言うんやなあっ…!』

 

 

ちょっと待って、大丈夫…。

 

嘘か本当か、どっちか知らんけど…

 

ホントに殺されたり、死んだりした人、、

 

 

あなた達みたいな図々しい人には居ませんから。

 

 

また続きは次回にします。